Loading…

スポンサーサイト

Posted by 紫  on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気が付けば

Posted by 紫  on 28.2009 プライベート   0 comments   0 trackback
もう、11月になりますね~。1年って早いなぁ、ってか早過ぎる…。
ちょっと今年の観劇を振り返りますと、、、。

☆宙組☆ 30回+7

【逆転裁判】、7回+2
バウ4、お茶会(まゆさん)、青年館3、お茶会(まゆさん)
【薔薇に降る雨/Amour それは…】、14回+3
宝塚11、お茶会(まゆさん&みっちゃん)、東京3、お茶会(まゆさん)
【逆転裁判2】、9回+2
バウ5、お茶会(まゆさん)、赤坂4、お茶会(まゆさん)

☆その他宝塚☆ 2回

雪組、【風の錦絵/ZORRO 仮面のメサイア】
星組、【太王四神記】

☆東宝☆ 3回

帝国劇場、【ミー&マイガール】
帝国劇場、【レ・ミゼラブル】
日生劇場、【屋根の上のヴァイオリン弾き】

☆四季☆ 2回

海、【ウィキッド】
春、【ライオンキング】

何だかね、かなりの偏りがあるような気がします(笑)
そして来月からの宙組公演でますます差が開くんだろうな(^^;)
後、タカラヅカスペシャルも観たい!
で、宙組以外では年末に毎年恒例「バレエ/くるみ割り人形」を観に行きます。
後はせっかくこっちに来ている「ウィキッド」と「美女と野獣」を楽しみたいな♪

あぁ、宝くじでも当たらないかなぁ~(笑)
スポンサーサイト

2010年 公演ラインアップ【宝塚大劇場、東京宝塚劇場】

Posted by 紫  on 28.2009 宝塚   0 comments   0 trackback
超楽しみなんですけど!!!ミュージカルだぁ~(*^_^*)

花組
■主演…(花組)真飛 聖、桜乃 彩音

◆宝塚大劇場:2010年3月12日(金)~4月12日(月)
<一般前売:2010年2月6日(土)>
◆東京宝塚劇場:2010年4月30日(金)~5月30日(日)
<一般前売:2010年3月28日(日)>

ミュージカル
『虞美人』
-新たなる伝説-
~長与善郎作「項羽と劉邦」より~
脚本・演出/木村信司

中国の最も優れた史書と言われる「史記」の中で、秦の始皇帝死後の覇権を争った項羽と劉邦の戦いを軸に、項羽と虞美人との悲恋を描いたドラマティックな物語は、いつの時代も多くの人に愛されてきました。宝塚歌劇では白井鐡造の作・演出による「虞美人」が1951年に上演されるや大好評を博し、初のロングラン公演が行われました。今回は、原作である長与善郎作、戯曲「項羽と劉邦」から新しく構成し直し、また音楽・装置・衣装を刷新した、一本立て大作ミュージカルとなります。より現代的にアレンジした、新しい『虞美人』を壮大なスケールでお送りします。

月組
■主演…(月組)霧矢 大夢、蒼乃 夕妃

◆宝塚大劇場:2010年4月16日(金)~5月17日(月)
<一般前売:2010年3月13日(土)>
◆東京宝塚劇場:2010年6月4日(金)~7月4日(日)
<一般前売:2010年5月2日(日)>

ミュージカル
『THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット・ピンパーネル)』
THE SCARLET PIMPERNEL
Book and Lyrics by Nan Knighton Music by Frank Wildhorn
Based on the Novel “The Scarlet Pimpernel” by Baroness Orczy
Original Broadway Production Produced by
Radio City Entertainment and Ted Forstmann
With Pierre Cossette, Bill Harber, Hallmark Entertainment and
Kathleen Raitt
潤色・演出/小池修一郎

2008年に、フランク・ワイルドホーンの大ヒット作であるブロードウェイ・ミュージカル「THE SCARLET PIMPERNEL」に宝塚バージョンのオリジナルを加え上演した『スカーレット・ピンパーネル』は、冒険活劇としての面白さ、すれ違う夫婦の心理描写を描き出し、上質のエンターテイメントとして高く評価され、第16回読売演劇大賞優秀作品賞、第34回菊田一夫演劇大賞を受賞しました。以来、再演の呼び声の高いこの大作が早くも再演の運びとなりました。歌唱力に定評のある月組新トップスター・霧矢大夢、その相手役となる蒼乃夕妃を中心とした新生月組の宝塚大劇場お披露目公演に相応しいミュージカル作品です。

陽はまた昇る!!

Posted by 紫  on 27.2009 貴城けい   0 comments   0 trackback
10/24(土)17:00公演、【屋根の上のヴァイオリン弾き】日生劇場

曲は有名なので知っていましたが舞台を見るのは初めてでした。
お昼にレミゼで散々泣いてボロボロになったにもかかわらず、また泣いてました(^^;)
帝政ロシア時代の部落に住んでいるユダヤ人のお話なんですが、市村さん凄いですね。
貧乏で迫害もされてお話自体は重たいのですが、市村さんがコミカルな感じも出されているので暗いだけでもなく、笑えるシーンも沢山ありました。
でもやっぱり泣きました。昼&夜と泣き疲れて頭痛かった(汗)
特に泣いたのは次女とパパの駅での別れのシーン、笹本玲奈ちゃんは本音を言えばこっちじゃなくてレミゼのエポニーヌが観たかったんだけどそれは置いておいて、がっつり泣きました。
後は三女がパパにさよならを言いに来るシーンも涙が止まりませんでした。
家族とか宗教とかがテーマなんですよね、色々と考えさせられました。(でも考えた事を文章にする才能が無い…。)

で、かしちゃんは可愛かったです☆(結局そこかい!)
地味なんだけどしっかり可愛かったです。(にんまり)、この役合ってると思うなぁ~。
お久しぶりのかし友さんとも偶然劇場前でお会いしたし、出待ちもちゃっかり参加したし、新しいミュージカルとも出会えたし、大満足でした♪

また再演される際にはかしちゃんが出てなくても紫は観に行くと思います。ってか観に行きたいと思う作品でした。

市村正親(テヴィエ)
鳳蘭(ゴールデ)
貴城けい(ツァイテル・長女)
笹本玲奈(ホーデル・次女)
平田愛咲(チャヴァ・三女)
植本 潤 (モーテル・仕立て屋)
良知真次(パーチック・学生)
中山卓也(フョートカ・学生)
真島茂樹(シェイロム・ロシア人)
鶴田 忍 (ラザール・肉屋)

このミュージカルはあなたの人生を変える

Posted by 紫  on 25.2009 ミュージカル/バレエ   0 comments   0 trackback
10/24(土)12:00公演、【レ・ミゼラブル】帝国劇場

【今日を、そして明日を生きる】
「レ・ミゼラブル」は、明日を信じ今日を懸命に生きた、名もなき人々の物語です。全ての登場人物の心の中には、必ず『明日』があります。
その『明日』にはそれぞれの姿があり、それは愛であり、希望であり、革命の後に訪れる平和や平等であったりもします。時として、それはとてもはかないものですが、それでも人は、それぞれの心に宿った『明日』を求め、戦い続けるのです。
『明日』に向かい今日を懸命に生きる登場人物たちの姿に自らを重ね合わせ、客席にいながらにして作品の世界を体感する。そんなミュージカルだからこそ、「レ・ミゼラブル」からは大きな感動が生まれます。
-あなたの心の中の『明日』は、どのような姿をしていますか?-

何回観ても泣いてしまうのは何故でしょう?
紫の大好きなミュージカルの1つです。
心の中の『明日』かぁ…。

ジャン・バルジャン、橋本さとし
ジャベール、岡幸二郎
エポニーヌ、新妻聖子
ファンテーヌ、シルビア・グラブ
コゼット、菊池美香
マリウス、藤岡正明
テナルディエ、駒田一
テナルディエの妻、阿知波悟美
アンジョルラス、原田優一

終わっちゃった

Posted by 紫  on 25.2009 プライベート   0 comments   0 trackback
只今、帰りの電車の中です。
終わっちゃったぁ~、今月のメインイベント…。
3作品堪能し尽くしました☆

先月2度も東京行って「次は年末のNINEか年明けの宙かなぁ」と言ってた自分…。
今頭の中はすっかり、何とかして来月もう1回レミゼ観に行きたいなぁと(^^;)

どこからそんな金が?!

希望の輝き 失わない為に

Posted by 紫  on 18.2009 宝塚   0 comments   0 trackback
で、こうして「太王四神記」にハマりすぎた紫は星組版を購入。

こっちは実際夏に大劇場に観に行ったんですよ。
ちえちゃん(柚希礼音)&ねねちゃん(夢咲ねね)可愛いなぁ~、かなめちゃん(凰稀かなめ)が立派に2番手さんだな~、と感動して帰って来たやつなんですが、花と星で結構違うんですね。
何曲か違う曲も入ってたし、始まり方が全然違いましたね。

こっちの方が若い感じでしたね。
最初の「君が王なら~」ってゆーとことかは星版の方が好きでしたし、キハとホゲの結婚前の”大人な事情”の歌は花の方が好きだったかな。

でもどっちも好きー!!

やっぱりね、紫は小池先生好きみたいですわ。
って事はきっとカサブランカも紫好みなハズ☆(結局そこかよ)

僕は君と生きよう

Posted by 紫  on 18.2009 宝塚   0 comments   0 trackback
さて、最近すっかり「太王四神記」にハマってます(^^;)
事の起こりは1ヶ月ほど前、実家に帰った私を迎えてくれたのは、何故か今更韓流ブーム到来の母が集めたドラマのDVDの数々と花組版「太王四神記」のDVD。
それを借りて帰って観たのが最後、ハマっちゃいました!!

思い起こせば今年の正月、丁度「逆転裁判」のお稽古待ちにちょくちょくムラに行ってた私。
周囲の「今回花組良い感じらしいよ」と言うお誘いを、すみません、がっつり無視してた…。
うわぁ~ん!! 何故その時観なかったんだろう…。何故なんだ自分?!

久しぶりのゆうくん(真飛聖)は、タムドクが優しくて優しくて(最近優しい男に飢えてんのかな)素敵でした。もぉね「僕は君と生きよう」って歌いながらあやねちゃん(桜乃彩音)ちゃんに手を差し出すとこなんて、王子様(笑)でした。あやねちゃんキハぴったりだし!

日付変わる頃から深夜にかけて1週間見続けましたよ(^^;)
すかさずゆうくんファンの友人に電話で報告。「優しすぎてやばいんですけど!」
友人は優しいゆうくんより"野郎真飛聖"が好きらしくそっちの宣伝をされましたが(笑)

ってかね、えりたん(壮一帆)?!何してんの?!

ご無沙汰してます(汗)

Posted by 紫  on 18.2009 プライベート   0 comments   0 trackback
いつもながら色々ありましてすっかりご無沙汰してました(^^;)
まゆさんのお稽古待ちにも全く行けず…、かなりのまゆさん不足です、あのふにゃっとした笑顔に癒されたい…。

でもそんな最中、来週末は東京へ行って来ます☆
一応、【レ・ミゼラブル】【屋根の上のヴァイオリン弾き】【ライオンキング】の3本立ての予定です。(チケットなんとかしなきゃ!)

そんな私はカサブランカの申し込みをして、旅行代金払ったら究極にお金が無い…(;一_一)、(自業自得)
あぁ、明日からお弁当持参で会社行こうかしら~?
  

プロフィール

紫 

Author:紫 
宝塚歌劇団出身の”貴城けい”さんが大好きな紫の波乱万丈なのほほんブログです♪
「かしちゃんは特別な人!」と言い訳して、現在は激しく”蘭寿とむ”さんと”北翔海莉”さんに浮気中、ってかもの凄く夢中(笑)
でもミーハーなので基本皆好き(笑)
こんな紫ですが生暖かく見守っていて下さい。

名前:紫
年齢:宙88トリオ(大除く)・月ショーブラン(大阪人)・かなめ姫・メイちゃんの執事と同じ
誕生日:冬
血液型:大雑把なA型
生息地:大阪
出没地:大阪・宝塚・東京
職業:会社員
身長:161cm
体重:目指せ43kg
髪型:ボブ(30cm切りました!!)
趣味:舞台鑑賞
携帯電話:au
好きな食べ物:和食&パスタ
好きな飲み物:水&珈琲&アルコール
好きなタイプ:潔い人&可愛い人
嗜好品:PIANISSIMO FLAM
将来の夢:捜索中
今一番欲しいもの:時間&お金

観劇記録&予定

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。