Loading…

スポンサーサイト

Posted by 紫  on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆ、雪ですよ。。。

Posted by 紫  on 30.2010 プライベート   0 comments   0 trackback
先程、会社からの帰宅途中、時間は0時半頃、雪が降っておりました。
び、びっくり(◎o◎)!!
大阪市内では年に数回見るか見ないかの雪。5年に1度1cm程積もるか積もらないかの雪。
もうすぐ4月だよね?
日本人が大好きな桜の季節ですよ!
ホントびっくりー。
スポンサーサイト

2010年 公演ラインアップ【宝塚大劇場、東京宝塚劇場】

Posted by 紫  on 28.2010 宝塚   0 comments   0 trackback
これは両方ともなんか楽しみだー☆

以下公式より

花組
■主演…(花組)真飛 聖、蘭乃 はな

◆宝塚大劇場:2010年7月30日(金)~8月30日(月)
<一般前売:2010年6月26日(土)>
◆東京宝塚劇場:2010年9月17日(金)~10月17日(日)
<一般前売:2010年8月15日(日)>

ミュージカル
『麗しのサブリナ』
脚本・演出/中村 暁

サミュエル・テイラーの戯曲「サブリナ・フェア」が1954年にビリー・ワイルダー監督により映画化された「麗しのサブリナ」は、オードリー・ヘップバーン主演のロマンティック・コメディ。「ローマの休日」に続くオードリー・ヘップバーンのヒット作で、ハンフリー・ボガート、ウィリアム・ホールデンが共演。映画の中でオードリーが身に着けていた細身のパンツは、「サブリナパンツ」と呼ばれ、1950年代当時、爆発的な流行を見せ、ファッション文化を生み出したことでも有名です。大富豪ララビー家に仕える運転手の娘サブリナを巡り、ララビー家の長男ライナスとその弟ディヴィットとが繰り広げるロマンチックでコミカルな三角関係が、ミュージカル・ナンバーに乗って、おしゃれに繰り広げられます。

スパークリング・ショー
『EXCITER!!』
作・演出/藤井大介

2009年に同組で上演し好評を博した作品の再演。刺激、熱狂、興奮をもたらす者“EXCITER”。ありふれた人生も、ちょっとした刺激、スパイスでバラ色に輝く。“音の革命”“美の革命”“男の革命”…。愛と夢を現代社会に送り届ける宝塚こそ“EXCITER”であるという軸の上に、究極に格好良い場面で構成された現代的でエネルギッシュなショー作品。真飛聖と新トップ娘役・蘭乃はなを中心に作り出す『EXCITER!!』にご期待下さい。


月組
■主演…(月組)霧矢 大夢、蒼乃 夕妃

◆宝塚大劇場:2010年9月3日(金)~10月4日(月)
<一般前売:2010年7月31日(土)>
◆東京宝塚劇場:2010年10月22日(金)~11月21日(日)
<一般前売:2010年9月19日(日)>

ミュージカル
『ジプシー男爵 -Der Zigeuner-baron-』
-ヨハン・シュトラウスII世 喜歌劇「ジプシー男爵」より-
脚本・演出/谷 正純

ヨハン・シュトラウス作曲のオペレッタ「ジプシー男爵」を、現代的にリメイクしたミュージカル。1738年、オーストリア=ハンガリー帝国の東南端の町・テメシュバールは、二十数年前まではオスマン・トルコの支配下にあったが、ベオグラードの戦いの勝利でハンガリー帝国に帰属していた。そんなテメシュバールにはトルコ総督が逃走する際に隠した財宝があると言い伝えられていた。そこへトルコと内通していたとの濡れ衣で亡命を余儀なくされていた、テメシュバールの領主の息子シュテルク・バリンカイが帰って来た。財宝を巡り様々な思惑が交錯する中、シュテルクは、哀愁を帯びたジプシー娘ザッフィの歌声に導かれ、バリンカイ家の城跡へとやって来る。そこには国中のジプシーがシュテルクの帰国を聞き集まっていた。シュテルクの亡き父親は、人々が蔑むジプシーたちを保護し支援していたのだ。シュテルクは亡き父親と同じ思いで、「ジプシー男爵」の名を継ぎ、ザッフィを妻にすると宣言するが……。

※最近では、「ジプシー」の表記は、偏見・差別的に使用されている場合があることを理由に「ロマ」等と表記されるようになりましたが、本公演を上演するにあたっては、ヨハン・シュトラウスⅡ世 喜歌劇「ジプシー男爵」の原作を考慮、尊重するために、そのままの表記・表現を行います。

グランド・レビュー
『Rhapsodic Moon』
作・演出/中村一徳

月のもつ神秘的な美しさ、輝きが発するエネルギーをバックに、「Rhapsodic(熱狂的に)」歌い踊るダンシング・レビュー。幻想的な音楽と情熱的なダンスシーンを織り交ぜ、月組のショースターの様々な魅力を見せます。

2010年 公演ラインアップ【全国ツアー】

Posted by 紫  on 28.2010 蘭寿とむ   0 comments   0 trackback
発表になりましたねー。まゆさんは出るのかな?
(本音を言えばあまりそそられないので裏で何かやるならそっちがいいな。でもそろそろみっちゃん主演も観たい)
まぁ、まゆさんが出るなら観に行こうと思います。
そーいや紫は全国ツアーを追っかけた事無いんですよね~。
それはそれで面白いかも?!

以下公式より

2010年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、全国ツアー<9月・宙組>の上演作品が決定いたしましたのでお知らせいたします。

宙組
■主演・・・(宙組)大空 祐飛、野々 すみ花

◆全国ツアー:2010年9月4日(土)~9月26日(日)
『銀ちゃんの恋』
-つかこうへい作「蒲田行進曲」より-
原作/つかこうへい
潤色・演出/石田昌也

1982年に「直木賞」、1983年には大ヒットした映画版で「日本アカデミー最優秀脚本賞」を受賞した、つかこうへい作「蒲田行進曲」を原作に、1996年、久世星佳、風花舞、汐風幸ら月組により、宝塚バージョンとして上演。宝塚歌劇としては異色の題材ながら大好評を博した作品です。2008年10月には、大空祐飛、野々すみ花を中心とした花組により、シアター・ドラマシティ、東京・日本青年館で再演。クールなイメージの男役である大空が、新たな魅力を開花させた舞台となりました。自己中心的な性格の俳優・銀ちゃんが、恋人の小夏に赤ちゃんができたために、子分の大部屋俳優ヤスと小夏をむりやり結婚させようとすることから起こる、破天荒でありながら、人情味溢れる物語です。

【公演スケジュール】
公演日 開演時間 公演会場 チケットお問い合わせ先 TEL
9/4 土 12:00 16:30 梅田芸術劇場メインホール
(大阪府) 同会館 06-6377-3800
9/5 日 12:00 16:30
9/7 火 14:00 18:00 伊勢崎市文化会館
(群馬県) 同会館 0270-23-6070
9/8 水 14:00 18:00 川口総合文化センター
(埼玉県川口市) NBムジカ&スタッフサービス 03-3443-7744
9/9 木 14:00 18:00 武蔵野市民文化会館
(東京都)
9/11 土 14:00 18:00 中京大学文化市民会館
オーロラホール
(愛知県名古屋市) 宝塚歌劇インフォメーションセンター 0570-00-5100
9/12 日 11:00 15:30
9/14 火 14:00 18:00 北上・さくらホール
(岩手県北上市) 同会館 0197-61-3500
9/16 木 14:00 18:00 ニトリ文化ホール
[旧北海道厚生年金会館]
(北海道札幌市) キョードー札幌 011-221-0144
9/17 金 14:00 18:00
9/19 日 14:00 18:00 イズミティ21
(宮城県仙台市) 仙台市市民文化事業団 022-301-7405
9/20 月 11:00 15:00
9/22 水 14:00 18:00 秋田市文化会館
(秋田県) 秋田放送 営業企画部 018-824-8500
9/23 木 12:00 16:00
9/25 土 14:00 18:00 グリーンホール相模大野
(神奈川県相模原市) 阪急電鉄 歌劇事業部 03-5251-2071
9/26 日 12:00 16:00
※都合により、開演時間などの公演スケジュールや貸切公演の変更が生じることがございますので、ご了承下さい。

まゆさん@蘭寿とむ お茶会レポ@水之城編

Posted by 紫  on 28.2010 蘭寿とむ   0 comments   0 trackback
ご無沙汰です。13日に休みを取って以来半休で騙し騙し2週間、流石に限界が来た模様で本日はお休みを頂きました。
今日出勤メンバーありがとう、ごめんなさい。明日からまた頑張ります。
ってか毎日終電を逃す勢いで夏の魔の14連勤を思い出します(^^;)
いつの間にやら20代も終盤戦、もう若くないんだー!!(叫ぶ)
このブログの更新頻度が忙しさを物語ってますね。。。3月まだ1回しか更新してなかった↓↓

3/20 ホテル阪急インターナショナル
お茶会は死ぬ気で半休取って行ってきましたよー☆
もうほとんど記憶が無いですが(^^;)覚えてる限りでレポいきたいと思います!
※いつも以上に記憶が定かではありませんのでご注意を。

シャングリラにて待つ

Posted by 紫  on 13.2010 蘭寿とむ   0 comments   0 trackback
3/13(土)12:00公演、【シャングリラ-水之城-】宙組シアター・ドラマシティ

やっと休みです(*^_^*)まゆさんまゆさん♪
今回は核戦争後の荒廃した世界を舞台に、記憶を失った男が旅芸人の一座の踊り子と共に、過去を取り戻すため幻の都”シャングリラ”を目指す、近未来ファンタジーです。だそうです。
お話は突っ込みどころ満載でしたが、皆かっこよすぎて大大大満足でした(笑)

空(そら):大空祐飛(ゆーひさん)
もぉね、”君のビジュアルに乾杯☆”でした!
今回変わった衣装なんだけど何着てもカッコいいの!んで、何してもカッコいいの!
いっぱい踊ってましたよ♪意外だった。そりゃ美雨もコロッと惚れるわな。

美雨(みう):野々すみ花(すみかちゃん)
プロローグのダンスと掛け声がとっても男前でした。いいねぇ~☆
嵐にまた会いたくて、ってか嵐の旅立ちの日に伝えそびれた”好き”って気持ちを伝えたくてシャングリラを目指す恋する乙女なんだけど、一緒にいる内に空に惚れちゃうのね。(でもまぁゆーひさんのあのカッコよさじゃ皆そーなるよね)(それに再会した時には嵐も嵐で別の女作ってるから無問題)(てかそもそも付き合ってないからいいのか)(でも絶対両思いだったであろう2人)ま、いっか。

海(かい):北翔海莉(みっちゃん)
可愛かったー!!!!!o(><)o!!!!!きゅんきゅんしたー!!!!!o(><)o!!!!!
あなた私を殺す気ですか?(笑)
悲しい過去を持つ盲目の空の弟。ってかこっちチームは皆過去が暗い。ってか過去が暗いのは出演者全員か。
一人では何も出来ない様が限りなく庇護欲をそそります。(この変態め)
本編では一切笑わないので、フィナーレのみっちゃんの笑顔が愛しかった。
ってか最後のともちんへの台詞は何なのさ?!(爆)

氷(あいす):悠未ひろ(ともちん)
はい来た、ラスボスです。幼い空兄弟を拾って育て、シャングリラの王にした人。
まぁこれまた悲しい過去を持つ、まぁいわゆる悪役です。めっちゃ迫力あって似合ってました♪
でも一つ質問が、、、、、あのぉ、、、、、みっちゃんとはどーゆーご関係で、、、、、?(^^;)

この他にも下級生までいっぱいいっぱい光ってました☆
やっぱ宙組大好き♪では本題に(笑)

嵐(らん):蘭寿とむ(まゆさん)
男前でした♪
レジスタンスで拷問されても不死身ですぐ回復して軽快に走ってました、どこのラズロさんですか?ってか光沢あるスーツはどこのアンソニーさんですか?
今回ダンスナンバーがいつもと全然雰囲気違くて、皆、超カッコいいんです☆
で、まゆさんのダンスはやっぱりまゆさんのダンスでした!(わかる人にはわかる)
もぉね、何て言われようが私は大好きです(*^_^*)
あぁ、思い出したらもう一回観たくなっちゃった☆
  

プロフィール

紫 

Author:紫 
宝塚歌劇団出身の”貴城けい”さんが大好きな紫の波乱万丈なのほほんブログです♪
「かしちゃんは特別な人!」と言い訳して、現在は激しく”蘭寿とむ”さんと”北翔海莉”さんに浮気中、ってかもの凄く夢中(笑)
でもミーハーなので基本皆好き(笑)
こんな紫ですが生暖かく見守っていて下さい。

名前:紫
年齢:宙88トリオ(大除く)・月ショーブラン(大阪人)・かなめ姫・メイちゃんの執事と同じ
誕生日:冬
血液型:大雑把なA型
生息地:大阪
出没地:大阪・宝塚・東京
職業:会社員
身長:161cm
体重:目指せ43kg
髪型:ボブ(30cm切りました!!)
趣味:舞台鑑賞
携帯電話:au
好きな食べ物:和食&パスタ
好きな飲み物:水&珈琲&アルコール
好きなタイプ:潔い人&可愛い人
嗜好品:PIANISSIMO FLAM
将来の夢:捜索中
今一番欲しいもの:時間&お金

観劇記録&予定

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。